一ミリ一生

 今は少しも動かなくてもいいんだな。

 今まで動きすぎたから。

 ゆっくり寝ていればいいだけだ。

 それでも、そのままだと死んじまうだけだから、生きていた証 拠があればきっと誰かが見てくれている。

 それが自分自身でもいいじゃないか。

 そうだな、一日一ミリはいいかもしれないな。

 好きなものを好きな体の一部分を動かしてみようかな。

 千里の道も1ミリからだ。一生1ミリのまま死んでもいいじゃないか。

 そんな人生があってもいい手本になれば立派なものだ。

 瞬き、一息、指パッチン。

 あいつ馬鹿じゃねえの、の一言でもいいな。

 たまには、にっこり微笑む真似もいい。

 それも嫌ならただ寝ていよう。

 そんな人生があってもいいな。

 60億人もいるからな。俺は俺の道を行く。

 なんまんだ。

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
浄土意識の時空の中に今います。(07.23)
ブッダと私は同じ人間じゃけんど。(07.16)
前世の記憶を思い出しました。(07.14)
私の命になった願い達。(07.10)
中州に遊ぶ。(07.07)
ライオンとウサギ。(07.06)
この橋渡るべからず。(07.05)
六代目圓生。(07.03)
南無阿弥陀仏は人間の魂の実在を示す言葉。(07.02)
死は我が人生の完成。(07.02)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS