デクノボーへの道。

 「賢く、賢くなれ」という世の中で、馬鹿になれと言われても意味不明で、すぐなれぬ。仏の真実の深い愛と智慧に頭が下がって初めて本当に仏様だけに愛される馬鹿になることができるようになる。

 それまでは急場凌ぎの馬鹿で本物の馬鹿になってない。馬鹿になりたくない心は一生なくならないから、心の底から馬鹿を愛する馬鹿になることが一大事。

 本物の人間として歩む真の馬鹿になれない心を持ちながら馬鹿への道を一直線に歩む道。賢く、賢くなって幸せになる聖人道でなく、親鸞はありのままの馬鹿は馬鹿のありのままの自分を認めて生きる姿を親鸞は凡夫道と言いました。宮沢賢治はデクノボーといいました。
なんまんだ。

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
浄土意識の時空の中に今います。(07.23)
ブッダと私は同じ人間じゃけんど。(07.16)
前世の記憶を思い出しました。(07.14)
私の命になった願い達。(07.10)
中州に遊ぶ。(07.07)
ライオンとウサギ。(07.06)
この橋渡るべからず。(07.05)
六代目圓生。(07.03)
南無阿弥陀仏は人間の魂の実在を示す言葉。(07.02)
死は我が人生の完成。(07.02)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS