動詞と助詞の使い方。

これから救われるだろう。すでに救われたからあとはどうでもいい。救われたが死ぬまでは救われていく深さがある。すでに救われつつあるが、まだ救われていない。これらは金魚掬いの話ではない。人間が真実の働きに今どうなっているのが正しく救われているのかという話だ。同じように見えてくる世界観だが助動詞一つでまったく違ってくる。生きているときは救われていく、如来はつねに救い続ける動作をやめないのだから、我らも救われ続けながら救われていくという継続的な動詞が最も正解に近い表現なのだろう。

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
お天頭様有難う。(05.23)
今日も行く行く念仏丸が。(05.21)
信じられない時に。(05.20)
いつまでも素足のままのアミダさま。(05.19)
 煩悩と敵を敵としないで仲間にする親鸞とワンピース。(05.17)
念仏の矢が当たらない。(05.16)
長生不死の法を生きてみる。(05.15)
親鸞かく戦ぬ。(05.13)
ブッダと親鸞の常備薬。(05.12)
大谷翔平を信ずる心。(05.11)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS