自助努力。

 他人から助けられているうちは一時的に助かったとしても根本的に助けられたとは言わないのだろう。 
 たとえそれが神仏であってもだ。宮本武蔵は「仏神は尊し、神を頼まず」といった。本当に助かるとは自分自身で自分自身を助けるしかないのではないのか。

そうでないといつでも神仏や他人に依存する。本来の助かる意味とは自分と他人もともに助かる自利利他満足するものなのだろう。

自分も相手もそれによって助かるものである。それを確かめるためには最後は自身に問わねばならない。

神仏が真の自己自身であるならば自己内存在との合意が現生する。神仏も合意したことを真実の自己救済がなんまんだぶつの言葉となって証明されるのだと思います。
なんまんだ。

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
お天頭様有難う。(05.23)
今日も行く行く念仏丸が。(05.21)
信じられない時に。(05.20)
いつまでも素足のままのアミダさま。(05.19)
 煩悩と敵を敵としないで仲間にする親鸞とワンピース。(05.17)
念仏の矢が当たらない。(05.16)
長生不死の法を生きてみる。(05.15)
親鸞かく戦ぬ。(05.13)
ブッダと親鸞の常備薬。(05.12)
大谷翔平を信ずる心。(05.11)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS