死は第二の人間のスタートだ。

 死ぬことは人生のゴールだという人は多い。
 家族との別離や苦悩からの脱却もあるから、だからこそこの人生を有意義に過    
 ごすべきだという。

 その意義を宗教に問えば、悲しみや別離や苦悩からの脱出だけではない。あな
 がちこの世からだけの視点だけでないことがある。

 宗教的に言えば、この世で生死の苦悩を超えれば、この人生には二重の生活が
 見えてくるようだ。

 一つはこの世で人生を完結する方法と目的を探すこと。もう一つは宗教的な信
 念に基づけば、自身のための真実の信念の確立がなされれば、それは自己から
 あふれ出す慈悲と智慧が永遠のものであることで、この世の終わりが、すなわ
 ち、人生の真実のスタートになってゆくということである。

 この光と命の真実が永遠の活動をするものならば、その世界を認識したのな  
 ら、その働きの中で生き続けることこそが、人間の人生の意義になるからであ
 る。

 だから肉体の死をもって、人間誰しもが、この世でその死を迎えても、その永
 遠の輝く命の中にすべての短い命が溶け込み限りない世界の渦に巻き込まれて
 ゆくのであるから、輝く命の願いに生きるものとなる以上、肉体の人生の死を 
 もって永遠の命の世界への、真実の意味での人生の再スタートになると思うか
 らなのです。

 今その道をみんなが意識しようが、しまいが、一人でもその道を一歩ずつ歩い
 ていくというところが人間として意義のあるところであろうと思うのです。

 なんまんだ

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
お天頭様有難う。(05.23)
今日も行く行く念仏丸が。(05.21)
信じられない時に。(05.20)
いつまでも素足のままのアミダさま。(05.19)
 煩悩と敵を敵としないで仲間にする親鸞とワンピース。(05.17)
念仏の矢が当たらない。(05.16)
長生不死の法を生きてみる。(05.15)
親鸞かく戦ぬ。(05.13)
ブッダと親鸞の常備薬。(05.12)
大谷翔平を信ずる心。(05.11)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS