恩知らずは私です。

 命を助けられてもその恩を簡単に忘れるのが人間です。

 命を助けられたことを逆に恨むのも人間です。

 恩を忘れ親切にしてくれた人を逆恨みさえすることによって
 自分を正当化したいのが鬼にも劣る私の本性です。

 これを見抜いて、それでも、そのまま救うと言っているのが
 大慈大悲のあみだ様。

 このアミダさんに救われたら救われたで、今度はその恩を
 忘れて、俺が信じてやって、アミダを救ってやったと思う
 私です。

 そして、俺の信心は、お前と比べて深いと言うような
 暗い愚かな谷底に転げ落ちていることも知らず落ちて
 行くしかない闇そのものの正体が私です。

 どこにも光が見えない私です。
 コロコロコロコロスットントン。

 なんまんだぶつなんまんだ。

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
死後まで守ってくれる人。(03.25)
石に聞く。(03.21)
動詞と助詞の使い方。(03.16)
一人称の死を超え生きる。(03.15)
悠久の真理の中で生きたいな。(03.12)
この世に成功も失敗もない。いかに歩んだかだけである。(03.12)
如来内存在。(03.10)
さくら咲く。(03.04)
自助努力。(03.03)
死は第二の人間のスタートだ。(03.02)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS