たった一人の小さな仏様だけでも私を認めて下さいね。

 死によってこの世の悩みの全てはなくならない。

 ブッダのように生まれて来た人生の意味を知った人が
 この世にいた以上いる以上。

 それを知ったら人生いつ終わってもいいように。

 人生という字は人と生きるからできている。

 この字の中には生きることだけでなく人が

 死ぬ人死という字が隠れているのだ ろう。

 人生は生きると死ぬという迷いの続く中でもがきつづけ最後に本当の死を迎えた時に、これでよかったと神仏に承認されるほどに意義深い生き方を、生も喜び死も喜べるような、行き先のわかった生き方をしているならば、という意味で。

 人にとって本当の人生を生きたと言う事がみんなにも認められ、いや一人神仏だけにでも喜ばれるならば天国の門も浄土の門も、いつでもその人の前に開いているのではないのだと思います。

 死はいつでも私たちの生を脅かす存在ではなくて、人間の人生の正しい意味を尋ねて行ってくれと身をもって教えてくれる本当の人生の師匠なのでしょう。

 この死の師匠の問いに応えられる生の答えを得ることが
 人生の本当の意味になるのではないのかなと思います。

 人生
 ───=人生
 人死

 なんまんだ

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
なんじゃこりゃ。(02.25)
なんじゃこりゃ。(02.25)
もういいよ。(02.21)
宗教的な自覚なんて今ここに見えているのにな。(02.19)
どうしてもかっこいい自分意識。(02.18)
私の強い意志でこの世に生まれました。(02.16)
人生の帳尻合わせは誰がする。(02.09)
パーフェクトディズ。(02.07)
恩知らずは私です。(01.28)
 いっぱいなんだから。(01.27)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS