名もない花

 名も知らない野生の花。経験してきたことから、それにふさわしいと思った名前を新しくつけて呼ぶようになる。それにふさわしくないと思ったら別の名前にする。花が先に在って名前が後でつく。名前が付いているからと言ってその花の全てがそこに表されているわけではない。絶え間ない環境によって常に変化しているからだ。
 無量寿・無量光の阿弥陀仏がすでに存在している。もとは真如一実からこの世にアミダや法蔵菩薩となって地上に降りて来たものだと後からわかった。
 そこはただの無でもなく空でもなく、見えない命そのもののはたらきで、そこから見える命もみな生み出しているというところだ。そして、いまもそこに皆包まれて生きている。全ての命を生み出す命の母のような存在だ。
それを人はみな、その存在にふれて様々な言葉でアミダブツと言ったり、国によって言葉が違ったりしているが、みな同じ存在なのだ。アミダの存在にふれたことのある人と、その名前だけを知識として知って、その存在にふれたことのない人がこの世にはいる。
 自らを包む、わが命の根源的躍動をアミダ念仏と名付け、そこに全ての命の存在の根源を見る。そこにつつまれ呼ばれみな還ることを知ってアミダの生きた存在をアミダと言う名で名付けたのだ。
 だから名前を知識として知っている事と、その存在の命のはたらきに触れてそれを信じることとは密接な関係があるが、違う世界をさしていることもある。

なんまんだぶつ
なんまんだ

name
email
url
comment