天才と凡才

天才は凡才を助けるために生きている。
凡才も仕方ないから一人で生きられない天才を支えてる。
相互扶助でお互いさま。天才の根っこは凡才だ、だから
天才は難しい理論の結論を知ったら凡才にいずれは、いずれは
分かるようにしないと成り立たない。
凡才にいずれ分からないような理論なんか何にもならない結論だ。
だから、天才を育て認める意味が凡才にはあるから、役立たずの天才なんかこの世にいない。天才も凡才もみんな一つの才能から出た芽なのだ。時代が違えば凡才が天才していたかもしれないな。天才も前世ではただの凡才でいたかもしれぬ世の中だ。回りに回る小車。だからこの世に天災も凡才も生きている意味がある。めでたし、めでたし なんまんだ

  なんまんだぶつ
  なんまんだ

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
お天頭様有難う。(05.23)
今日も行く行く念仏丸が。(05.21)
信じられない時に。(05.20)
いつまでも素足のままのアミダさま。(05.19)
 煩悩と敵を敵としないで仲間にする親鸞とワンピース。(05.17)
念仏の矢が当たらない。(05.16)
長生不死の法を生きてみる。(05.15)
親鸞かく戦ぬ。(05.13)
ブッダと親鸞の常備薬。(05.12)
大谷翔平を信ずる心。(05.11)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS