信じるものは救われる

「信じるものは救われる」これはアミダ様の教えによって救われた人の言葉でもあります。この言葉の主人公は私が今のままで仏を信じてゆく事になっていますが、ですが、この言葉になってまで私を救ってくれた生きた仏様と同ことです。つまり、仏に信じられていたことを知って初めて人間は本当に仏を信じることが出来ます。仏教では理性と信仰は矛盾しませんが、信じると言う私の真の主体であるアミダ様を生きている時に初めて与えられ、受け止めた時に純粋に仏を信じることが出来きるのです。はじめて仏と言う真の主体を抱えながら自らの意思として信じてゆく身が与えられてくること、それが仏を本当に信じるということなのだと思うのです。

なんまんだぶつ
なんまんだ

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
永遠の愛に生きること。(06.14)
不即不離(06.12)
根拠はないけど関係性からこう思う。(06.11)
一ミリ一生(06.08)
宗教的な人間になる。(06.08)
宗教的な人間になりたい。(06.08)
来るということ。(06.07)
ここに仏あり。(06.07)
デクノボーへの道。(06.06)
亡き人を阿弥陀仏が全員救うこと。(06.01)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS