独立しながら連帯する

 法蔵が世自在王仏にまず呼びかけるところからすべての本願が始まる。
 世自在王仏はすでに救われた仏である。しかし、その仏の優れた世界観をさらに追及してゆくところに新たなる法蔵菩薩の願いの本質が生まれてくるのである。
 世自在王仏への呼びかけに今まさに法蔵菩薩が新たなる真実の深さを持って答えんとしているのである。すでに外に仏在り。さらにそれを超えた内なる仏になる。
 超えるためには世自在王仏の願いの本質をさらに深められた世界観を知ることだ。
 それが新たなる仏願の、人間の根本の課題に応えることになる。藍は藍より青しである。世自在王仏からの独立宣言である。それは、私たち一人一人の新たなる真の仏になる、人になることが真の仏の継承にになる最終形なのである。

なんまんだぶつ
なんまんだ

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
お天頭様有難う。(05.23)
今日も行く行く念仏丸が。(05.21)
信じられない時に。(05.20)
いつまでも素足のままのアミダさま。(05.19)
 煩悩と敵を敵としないで仲間にする親鸞とワンピース。(05.17)
念仏の矢が当たらない。(05.16)
長生不死の法を生きてみる。(05.15)
親鸞かく戦ぬ。(05.13)
ブッダと親鸞の常備薬。(05.12)
大谷翔平を信ずる心。(05.11)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS