心の捨て場所

 人生いたるところに青山あり
仏陀がブッダになるまでには長い時間がかかったそうだ
 その間幾多の命あるものに生まれ変わりながらも道を求め、ついにブッダとなられたという。ブッダが骨をうずめたところは数知れないという。私たちの足元もそうだ。
 ブッダがブッダならアミダ様も同じ事だ。
それなら生あるものはみなあみだ仏陀の大地から生まれて来たものばかりだ
 そこから生まれたものを我々は今食べているのだ。
 あみだ仏陀の骨の上を今歩いているのだ。我らの骨も地も肉もみんなアミダブッダで出来ている。そんな大地にどんな愚かな命を今捨てるなら、帰るなら、そんなに泣くこともないのだろう。ナンマンダブツもアミダブッダの地と泪
  
 なんまんだぶつ
 なんまんだ 

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
お天頭様有難う。(05.23)
今日も行く行く念仏丸が。(05.21)
信じられない時に。(05.20)
いつまでも素足のままのアミダさま。(05.19)
 煩悩と敵を敵としないで仲間にする親鸞とワンピース。(05.17)
念仏の矢が当たらない。(05.16)
長生不死の法を生きてみる。(05.15)
親鸞かく戦ぬ。(05.13)
ブッダと親鸞の常備薬。(05.12)
大谷翔平を信ずる心。(05.11)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS