宇宙生命なんだな

私は時の無い無限の時を、自分の人生に合わせて小刻みに刻んで生きて来た。朝が来た。夜がきた。何時に仕事だ。もう寝る時間か。こうして私の命は刻まれてゆく。
 私は無限の中のひと時を奪って私の命をいきている。無限の時間の中の一瞬の命。私の命は無限の中の時間にある。この一瞬に無限の命を感ずることができる時がある。無限の命を生きている仏に出逢ったときだ。その時にしか私の命の無常を知ることはできない。しかし、その時こそ無常の中の無限の有常を感ずることができる貴重な一瞬だ。そこで、初めて私は真の自由を得て、無限の宇宙の命と共同生命体として生きることができる人間に生まれ変わることができるのだ。
 生と死からの超克された真の生命がここに誕生したのだ。
永遠の命の連鎖という因縁果の躍動感を感ずることができる世界に生きることができる人間に生まれ変わることができたのだ。人間からの解放だ。否、真実の人間として生きることができる、第一歩を踏み出すことがここから始まるのだ。これが全ての人間に開かれた。究極の宇宙生命への目覚めの導きともなるのだ。
なんまんだぶつ
なんまんだ

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
(untitled)(11.27)
(untitled)(11.25)
呼び声(11.17)
信心(09.24)
うまくいかないね(08.03)
ブッダの言葉じゃダメなんだ(08.03)
因果魂(08.02)
時代語(07.20)
タバコとライター(07.15)
名を聞く(07.09)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS