空気の信心

 阿弥陀さんからもらった信心がなくても、この世の絶対相対的な価値観に自己満足して死んで行ける。 
 しかし、絶対世界に生きようとして、仏と私を繋ぐ信心を求め始めても、意を決し、努力して信心を求めてもなかなか得られない、しかし、求めなければなお得られない。求められないと知るところまで求めないとさらに得られない。
 信心はまるで空気のようにあるのが当たり前、なければ人でなくなる絶対大事なものなのに、その当たり前が有難くならない私の心が仇になる。
無いようであるものに気がつかさせて頂く有難さ。
 これがなければ生きてはいけぬ。求めなくても、初めからあった有難さ。まるで空気があることの有難さ。この一息がナンマンダ。私とあなたのナンマンダ。私のためのナンマンダ。
ナンマンダブツ
ナンマンダ

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
死後まで守ってくれる人。(03.25)
石に聞く。(03.21)
動詞と助詞の使い方。(03.16)
一人称の死を超え生きる。(03.15)
悠久の真理の中で生きたいな。(03.12)
この世に成功も失敗もない。いかに歩んだかだけである。(03.12)
如来内存在。(03.10)
さくら咲く。(03.04)
自助努力。(03.03)
死は第二の人間のスタートだ。(03.02)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS