やまびこ

アミダとは救う存在だ。救うとはアミダがアミダになれという世界を与えることだ。私がアミダとなってゆく世界が与えられたことだ。そこに本当の救いがあるのであれば、救われてアミダの世界が証明できるのなら、アミダがアミダと名告ところに人間という救われた証明がなければならない。そこに名のるところに名のられたものがいて、アミダの摂取の証明があらわれるのだから、そこに名乗りを受け止める存在があっての名乗りが証明存在するであろう。

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
なんじゃこりゃ。(02.25)
なんじゃこりゃ。(02.25)
もういいよ。(02.21)
宗教的な自覚なんて今ここに見えているのにな。(02.19)
どうしてもかっこいい自分意識。(02.18)
私の強い意志でこの世に生まれました。(02.16)
人生の帳尻合わせは誰がする。(02.09)
パーフェクトディズ。(02.07)
恩知らずは私です。(01.28)
 いっぱいなんだから。(01.27)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS