言葉はみんな生きている

言葉は単に人間の独占物だと仮定する。何故なら、阿弥陀仏が躍動している阿弥陀仏が作った信心の無い念仏を人間が称えることができるからである。
一方、アミダの信心という真実一如のはたらきはアミダの独占物だと仮定する。
この別々の世界の産物が永遠の今である信の一念で一つになった時、アミダと人間の共通の広場が時空を超えて我々に現在することができるようになる。
信心とはアミダの心であり、純粋な仏の慈悲と智慧は永遠の命と限りない智慧の光として我々を常に目覚めさせ続けるアミダの永遠のはたらきである。
これを人間に直接与えようとあみだは常に働きかけているのである。しかし、有限存在である人間の機能には、それを受納できる機能の器がないのだが、そのはたらきを仮の器として受け入れることができるものとして南無阿弥陀仏という言葉が人間と阿弥陀の共通の理解としてできたのであろう。
人は、アミダの心を求め、アミダは人の言葉の器を永遠に求めている。
ときとして、求める求道者の南無阿弥陀仏というこの言葉にアミダの心が満ちた時、その言葉はやがて一人立ちして、人間の心と共に、一人の人間を人間たらしめてゆくはたらきを始動しはじめるのである。
これを念仏道の初門位ともいい、信心獲得ともいい、正定聚不退転位ともいうのだと思うのです。初めから誰が称える念仏にも弥陀の心は入ってはいないのですが、この言葉自体が求めているアミダの純粋な仏の願いの方向だけは誰でもが初門位の自覚態度として知ることはできるのです。そして、そこにアミダの清浄無垢な心がはいればこそ南無阿弥陀仏が私にとっての真の生ける言葉の仏身にはじめてなるのでし

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
(untitled)(11.27)
(untitled)(11.25)
呼び声(11.17)
信心(09.24)
うまくいかないね(08.03)
ブッダの言葉じゃダメなんだ(08.03)
因果魂(08.02)
時代語(07.20)
タバコとライター(07.15)
名を聞く(07.09)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS