親鸞聖人の出会いと別れ外観

 宗教的な意味で親鸞は流転の地獄から別れ、現世の地獄世界に生まれた。
両親と死別し、比叡山の仏道に出会った。
 比叡山の伝統的な仏道修行と別れて、法然の本願念仏の教えに出会った。
 古来の正統的な成仏道とされた雑行と別れて、阿弥陀仏の本願念仏に帰した。
 親鸞の教学的趣意を慮った法然からもらった法号綽空と別れ、親鸞と自ら名を改めてもらった。
 僧職は妻を娶らずという慣例と世間の常識から別れ、真の仏弟子として僧職のまま妻帯した。
 念仏弾圧により、親鸞の名前と別れさせられ、俗名藤井善信となるも愚禿釋親鸞と自ら名乗った。
 京都の人々と別れ、北陸と関東で海と大地に生きる人々と共に念仏を広めた。
 それまでの伝統教学と別れ、教行信証で念仏が大乗の至極とした。
 30年過ごした土地と門弟と過ごした関東生活に別れを告げ、京都で新たな著作に励んだ。
 家族と妻子と生き別れ後には長男善鸞との義絶があり、京都で新たな和讃などを著した。
 娑婆の縁と別れ、浄土往生を遂げ、今も私たちの念仏となって今も生きておられる。
 ナンマンダブツ
 ナンマンダ  

name
email
url
comment