ブッダの言葉じゃダメなんだ

 ブッダのように覚りを開かない限りブッダの言った真理の言葉は心から理解できないだろう。悟りを手段や方法とするだけなのだろう。そして、覚りの周りをグルグル回って一生解説して死んでいくだけなのだろう。
 逆に覚ったら、もうそんな言葉の受け売りもなくなって、ブッダがブッダの真理の言葉として個性的に語ったように、我らもさっさと覚って個性的に我らの言葉で真理を語るときなのだ。
 農家のおやじは畑で使う道具や草をネタにブッダと同じ真理を語り出す。寿司屋のおやじは寿司をネタに真理の言葉を語りだすだろう。

なんまんだ

name
email
url
comment