私が人生の時計です

 
 私自身が人生の時計です。私の命の時計が私です 目に見える時計は壁や腕にかかってあるけれど ほんとの時計は私の命の刻みです 私の命のほかに時計はどこにもありません 
 腕時計や壁掛け時計も本当は私の命の時間を知らせるために、眼に見える姿形で掛けてあるのです 命の時間に長針や短針や秒針やゼンマイ仕掛けや電波ソーラ装置はないけれど 昔から腹時計と言うものもありまして 
 命あるもの命の脈はみな10億回と平等にうってはいるけれど、この命の刻みはなんのため 命はあみだ様から貰ったものだと気が付くための命の時計 出会った時から命の時間が始まってお浄土成仏還相回向まで続く時間に切り替わる だから命の時間と 目に見える腕時計の時間があるけれど 
 生きている時には掛け時計で間に合わせ 阿弥陀様といるときは永久時計を心にかけている気持ちで命の時間を脈打たせ 完全無上涅槃に入るまでは二つの時間を楽しもう

 なんまんだぶつなんまんだ

name
email
url
comment