有るとか無いとか

 有るとか無いとかと思う心が、ありのままでいいという心になるまでには、有りのままでいる仏の救いに与からねばならない。そのためには、かならず宗教心の覚醒がなければならぬ。
 そしたら、ありのままでない私に気が付くときがくる。ありのままにならないままで、ありのまましか生きられない私であると気付かされるのだ。
 だから、ありのままとは、内部で二者択一の選択に迷う道を通ったものが到る世界だが。超えてもなお残る洗濯に迷うという事は、覚悟しなければならない世界でもある。
 しかし、そこは安心できる選択を持った世界でもあるのである。

 なんまんだぶつ
 なんまんだ

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
死後まで守ってくれる人。(03.25)
石に聞く。(03.21)
動詞と助詞の使い方。(03.16)
一人称の死を超え生きる。(03.15)
悠久の真理の中で生きたいな。(03.12)
この世に成功も失敗もない。いかに歩んだかだけである。(03.12)
如来内存在。(03.10)
さくら咲く。(03.04)
自助努力。(03.03)
死は第二の人間のスタートだ。(03.02)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS