伝えようとしない方がよく伝わる仏法不思議

 
 助かるために阿弥陀様の教えを聞かねばならぬ。アミダの言葉を食べねばならぬ。
 阿弥陀の言葉を食べて良く消化しないとそのまま他人の前に出しては未消化だから、話す人が救われていない言葉のままでは生きて血の通う言葉にならず到底人には響かない、届かない。
 その言葉がその人の心や体全体の栄養とならず本願力となっていないので、他人には到底響かない言葉となってしまうのだ。アミダの念仏は人間の心と体を身心柔軟にはするけれど、少しも減らず増えず、全身が金口となって念仏と言う仏が人を救う言葉となって出て下さるだけだ。私の役目は一端還相したアミダと、また来るアミダの往相としてナンマンダブツとなってサヨナラ待たねとナンマンダ。
 そして、また、ある時、食べたものが清浄な念仏となって、私の口から出て下さる真実だけがきっとどこにでも残るのだ。

なんまんだぶつ
なんまんだ

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
(untitled)(11.27)
(untitled)(11.25)
呼び声(11.17)
信心(09.24)
うまくいかないね(08.03)
ブッダの言葉じゃダメなんだ(08.03)
因果魂(08.02)
時代語(07.20)
タバコとライター(07.15)
名を聞く(07.09)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS