吾と我

第一願の法蔵の仏願に三悪道に落ちるものなしとあるが、これは私がこの世界に落ちている時には私の主体である浄土を完全に亡失していることを現しているのではないのか。つまり、その時の主体は三悪道であり、浄土ではなくなっている世界を現している。しかし、浄土は普遍的な存在世界であるから一時的に忘れていても完全な亡失ではない。浄土を主体としたとき三悪道に落ちている主体も我であるが真の吾の主体である。我ともいうべき浄土世界から見れば真吾浄土に包まれた世界になるので、この第一願も48願全体も人間の自己内における精神的段階的な完成への心の様相を表現しているものだと思うのです。

なんまんだぶつ
なんまんだ

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
永遠の愛に生きること。(06.14)
不即不離(06.12)
根拠はないけど関係性からこう思う。(06.11)
一ミリ一生(06.08)
宗教的な人間になる。(06.08)
宗教的な人間になりたい。(06.08)
来るということ。(06.07)
ここに仏あり。(06.07)
デクノボーへの道。(06.06)
亡き人を阿弥陀仏が全員救うこと。(06.01)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS