―永遠の愛のかたち―

 せめて生きているうちに
お釈迦様と同じにならないと
仏様になったとは言わないな
 
 ましてや、色も姿も見えない
完全な仏とならないと
仏になったともいわれない
仏そのものとしての見えないはたらきが
ないとすべての人は救えない

 仏様は何らかの永遠の形がないと
多くの人には理解の糸口がないと
分からないのでこの世に残す永遠の形を
必ずどこかに残していると思うのです
それがないと仏の存在すら
証明もできないのでしょう

 しかし、それを証明実現完成
させ言葉の仏様になってしまったのが
アミダ様ただ一人だったのです

 すべての人が一切の人間的な努力なしで
簡単に信じられるように一回の念仏でさえ
すれば救われ真実と共に生きられる
ように準備万端整えられた仏が阿弥陀様なのです

 念仏すれば心が往生して後に成仏することを
この世で信ずることができます

 信ずる心の往生の因の中に
すでに果としての成仏が
完成することを知ることが
出来るようになっているのです

 だから修行という仏になる
努力はすでにあみだ様が
成し遂げられておられるので

 一切の努力意識は人間には
いらないというのです

 これも形のない永遠の愛の形に
なってくださっておられるあみだ様の
先行投資の御蔭だと思います

ナンマンダブツ
ナンマンダ

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
お天頭様有難う。(05.23)
今日も行く行く念仏丸が。(05.21)
信じられない時に。(05.20)
いつまでも素足のままのアミダさま。(05.19)
 煩悩と敵を敵としないで仲間にする親鸞とワンピース。(05.17)
念仏の矢が当たらない。(05.16)
長生不死の法を生きてみる。(05.15)
親鸞かく戦ぬ。(05.13)
ブッダと親鸞の常備薬。(05.12)
大谷翔平を信ずる心。(05.11)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS