宗教的な自覚なんて今ここに見えているのにな。

 
 もともと仏教の自然の道理は、人間の身心のありのままを如実知見することであり、その中で生きてはたらいている真実一如とともに生きる大切さを説いているものである。

 人間が育んできた理性的な道理や修道主義などは、一如の用きからすれば知的空想の産物のようなものである。

 真理がわれらに共同せよと呼びかけている真実の用きは、我らに一真実の仏道の悟りの世界の場に向かう用きを一切必要とさせず、いま、ここに、その身そのままの今のそこへの用きに、ありのままの心のままで一切を手放されて、真実一如の働きに任せてゆけば、おのずから向こうからの真実の声がここに届いていたことを知り信じられ、それがありのままのこの心と体に聞こえてくるということだけなのだと思うからなのです。

なんまんだ

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
死後まで守ってくれる人。(03.25)
石に聞く。(03.21)
動詞と助詞の使い方。(03.16)
一人称の死を超え生きる。(03.15)
悠久の真理の中で生きたいな。(03.12)
この世に成功も失敗もない。いかに歩んだかだけである。(03.12)
如来内存在。(03.10)
さくら咲く。(03.04)
自助努力。(03.03)
死は第二の人間のスタートだ。(03.02)
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RSS
RSS